雑記

【今の職場について】同僚と会社への不満パート1

会社への不満
るるぱん
るるぱん
こんにちは!今にも仕事を辞めそうなるるぱん(@panchanmal)です(´ー`)

 

Twitterでも書かせて頂いた、「同僚と会社の方針への不満」について書いていこうと思います。

 

会社の考え方が「学校」みたいな考えで

仲直したら仕事がスムーズに行く。

こんなガキみたいな考え方の会社に不満を抱いたので、この記事を書いていきます。

 

長くなりそうなので、まずはパート1

きっかけである「同僚への不満」からになります。

物語みたいになってて、読みやすいのではないでしょうか(笑)

 

心がダークになるかもしれないので、

ハッピーな人はバックをおすすめします(´_ゝ`)

 

【今の職場について】同僚と会社への不満パート1

もの好きなあなた、本当にありがとうございます。

パート1では、”どういう仕事“で”何があったか“書いていきますね。

 

私の仕事

私の仕事はコールセンターで営業電話(アウトバウンド)を掛けています。

営業電話をかけて、アポを取得する(商談の日程を決める)仕事をしており、

それをアポインターといい、一日に何件アポが取れたかで成果が出ます。

 

仕事の環境

部署で初めてのアポインターだった私たち。

私を含めて同期は2人、初めてだったので試行錯誤が必須。

さらに二人しかいないので、必然的にライバル関係になります。

 

私はこの時点で嫌な予感がしたので、面接の時点でこう言いました。

「貶し合いをしたりする会社はいやです。一緒に高めあえる人と仕事がしたい」と

すると、部長は「うちはそういう環境をめざしているから、大歓迎だよ」

 

今思えば、誰だってそうやって言うに決まってるなと思いました。

 

実力差

同じ日から始め、知識も同じなのですが、1か月後、結果に大きく差が開きました。

 

私は“体験してから訂正していくタイプ”のため、とにかく数をこなし、

もう一人は“かける前にじっくり考えて安全を確認しながら進むタイプ”でした。

私たちはタイプも違うし、やり方も違う正反対。

 

それぞれのやり方なので、成果が出るスピードも人それぞれ。

ですが、さらに一か月後の結果、

私がアポ取得件数20件以上差をつけたのです。

 

アドバイス

私は家で商材の勉強をしたりアポについてコツを勉強をしていました。

今思えば、実力の差は家での学習意欲だったと思います。

 

あんな結果が出た後、もう一人の人は私に「なんて言ってるの?」と聞いてきました。

なので私は、私の営業内容(トーク)を共有したのです。

すると、その人はそのトークでアポの取得率が上がったのでした。

 

不満

もう一人の人は、仕事に慣れてきたのか、サボる、文句を言う、休憩時間はオーバーする。

私が考えたトークを読み、困ったら私に聞くだけ。

そして、アポが取れなければ、「この内容やっぱダメだわ」と私の内容のせい。

 

ここで私は、なんでこの人は自分で考えないの?」と思いました。

同じ時給なのに、この人は私が家で頑張って学んだ分も「教えて」の一言で吸収できる。

なんなら上手くいかなかったら、私のせい。

 

なんて楽な仕事をしているんだこの人は。

 

エスカレート

ある日、商材が変わった事により、一気にアポが取れなくなってしまいました。

私はその商材に対し、試行錯誤する日々を送っていました。

 

そんな時、長期出張に出ている上司がトークを送ってくださったのです!

私はそのトークをみて、自分なりの言葉に置き代えて試していきました。

 

もう一人の人はというと、書いている意味が分からんと言い捨てたのです!

私は怒りを覚えました。

 

上司が知識を提供してくれたのに、「わからん」と切り捨てる。

分からないなら、上司に聞けばいいのに不満を言って終わり。

教えて貰えることが当たり前になっているその人に私は怒りの我慢が限界に達していました。

 

ここは学校じゃないんだから、自分で答えを探しに行けよ。

 

途切れる音

もう一人の人は、今度は「このリスト(電話を掛ける所)がクソだわ!」と言い始めたのです。

この時、ブチッと来た私は「本当にそのリストがクソだと言うのであれば、全部かけてから言ってください、まだ掛けてない所もありますよね?」

そういうとその人はそうですねと子供みたいに拗ねて席を離れたのです。

 

私はその人の姿を見て、今後、一切何も教えてやらんと誓いました。

 

【今の職場について】同僚と会社への不満パート1まとめ

なんか物語みたいになりましたねwww

書き始める時はこんなつもりじゃ無かったんですけど!!恥ずかしwww

 

とりあえず、ここまでは同僚への不満を書きました!

同僚の人は私の10個ぐらい上なので、年下の私に負けているという焦っていたのでしょう。

それが耐えられなくなり、子供のような態度になってしまった、これが原因かなと思います。

 

パート2はこの状況を上司に伝えた時のありえない対応について書いていきます。

ほんっと、マジありえない!!クソ会社じゃねぇか!!!

ってことがあったので、それを書いていきますね。

 

次回をお楽しみくださいませ~(∩´∀`)∩なんかちがう・・・

 

るるぱん
るるぱん
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

Twitterではブログの更新状況やアニメのこと、

インスタでは主にパンダについて、

ブログではパンダ、アニメ、美容、日常で思うことなど、好き勝手に呟いてます♪

 

ブログ仲間やパンダ好き、アニメ美容好きさん募集しています!

一緒に好きなものを極めていきましょう!

フォローやいいね、コメントなどお待ちしております( ˘ω˘ )

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください