アニメ

地縛少年花子くんのハートを撃ち抜く名言集!心に響くセリフも

 

るるぱん
るるぱん
スキンケア難民のみなさん、こんにちは!美容・アニメヲタクのるるぱん(@panchanmal)です!

 

5月27日13巻大好評発売中!!

 

 

【地縛少年花子くん】・・・最高っ!!!ですよね( ゚Д゚)!!!

 

今回は【地縛少年花子くん】の単行本の一巻から十二巻まで読み直し、名言集を集めてみました!

花子くんのかっこいい・可愛い・セクシーの三拍子そろった名言集となっております。

名言集集めながら、何度鼻血が出そうになった事か・・・。

 

では早速、一緒に見て興奮していきましょう(´∀`)ぐふふ

 

もくじ

【地縛少年花子くん】花子くんの名言

それでは早速、花子くんのセクシーでエロかっこ可愛い、名言集を見ていきましょう!!

 

せっかくなら活かしたいじゃん、今まで頑張ったんだから

第一巻で、プレゼント大作戦をするときに、自信の無い寧々たんを、勇気づけるために言った名言ですね。

こんなセリフ言われちゃったら、気絶しちゃいますわ( ゚Д゚)!!しかも、花子くんの表情がむちゃくちゃ優しい・・・!!!

結局、特技を活かしたプレゼントが、夏野菜で「狐でも助けた?」と言われてしまい、珍事件になって、おジャン。うん、素敵なオチだ(笑)

 

ふ~ん・・・つまり、誰でもいいんだ?

 

第一巻で、寧々たんが「先輩みたいな、すごい人と両想いになって、あの男のこと見返してやるのよ!」と言っちゃったときのセリフですね!

笑顔で人の真の部分を見抜く花子くんのこの言葉、「冷たいな・・・」なんて思っちゃう人もいるかもしれませんが、これがいいんですよね!

言われた本人からすると、寧々たんみたいに誤魔化しちゃいそうですが、人を冷静に見れる花子くんの眼差しは、マジ神です。

 

お代はカラダで払ってもらうよ

 

第一巻だけでなく、これは【地縛少年花子くん】の名シーン、CMやPV、紹介動画で何度出てくることか・・・!!

人魚の呪いを最低限にするために、花子くんも、人魚の鱗を飲もうとした時の名言ですね。

初めてこのシーンを見た時の、花子くんのエロかっこよさは忘れません!!

 

そして、花子くんが「やらしー意味だと思った?」と、寧々たんに言ったシーンに思わず、私が「ハイ」と答えそうに・・・。

寧々たんだけじゃないよ、私たちもエロ大根だわ(´∀`)ふふふ

 

“人間に戻りたい”それと”誰でもいいから両想いになりたい”・・・だっけ?

 

上記の続きで、寧々たんの願いを二つも叶てくれた、花子くんの名言ですね。

助けられた上に、こんなセリフ・・・好きになってまうやろー!!

ただそれを言われたときの寧々たんの表情・・・( ゚Д゚)

 

ねー俺にしなよ、そんな男よりずーっとヤサシクするからさ

 

第一巻で、トイレ掃除中に書類整理に行きたがる寧々たんに、花子くんが言ったセリフです。

こんな甘い誘惑されたら、「今後一生トイレ掃除しかやりません・・・♡」ってなるところですが、「書類整理の方がいい」と言い切る寧々たん・・・最強か、オイ。

その後の「ヤシロはエラ呼吸が恋しんだね」と言って、Sっ気を出してくる表情もたまりませんね。

 

第八巻の幼少期の花子くん(あまねくん)が、「おれだったら、もっとずーっとヤサシクするけどなー」と言うシーン、子供ながら女性を口説く言葉を覚えているなんて・・・。

子供だとは言え、サラッとこんな名言言われちゃったら、興奮しちゃいますよね(´∀`)

 

ダメだよ気を付けなくちゃ、ヒトなんてカンタンに死んじゃうんだからさ

 

第一巻で、ようせいさんに消されそうになった寧々たんを、花子くんが助けてくれた時に言ったセリフですね。

“また助けてもらっちゃった・・・”と、寧々たんは思っておりましたが、ここで花子くんの過去や抱える闇を感じた人も多いのではないでしょうか?

 

時々見せる花子くんの過去、生きていたとき一体どんなことが起こったのか?

この名言は、花子くんの過去を掻き立てる、伏線となっているようですね。

 

ヤシロには俺がいるじゃん

 

第一巻の、寧々たんが「イケメンが空から降ってこないかしら・・・」という、妄想をしていたときに、花子くんが言った名言ですね。

寧々たんの妄想で、花子くんが打ち祓われたシーンに、思わず爆笑。

 

しかし、その後に言った、花子くんの「大体そんなモーソーしなくても、ヤシロには俺がいるじゃん」と言った、花子くんの顔と寧々たんの顔がたまらなくご馳走でした(´∀`)ぬふ

ギャグと、胸キュンを上手く取り入れてくるバランスが、良いですよね!

 

生死のないこの世界では、諦めが悪いやつがサイキョーなんだよ

 

第二巻の、寧々たんが葵の身体を抱いて泣いていたときに、花子くんが勇気づけた言葉ですね。

「諦めの悪いやつがサイキョ―なんだよ」っていう言葉が、「現実でもそうだなぁ」って、私の中にとっても響きました。

めげそうになったら、この名言を花子くんの声で脳内再生して、一緒に頑張りましょう、めっちゃ幸せになれます。

 

ご褒美、元気の出るオマジナイ

 

ひぃやぁあああああああ///と思わず言ってしまうほどの、神シーン&名言。

第二巻のミサキ階段が終わった後、疲れた寧々たんのほっぺにキス(オマジナイ)をした所ですね。

花子くんにとってはオマジナイだけど、寧々たんにとっては初キッス・・・、このシーンは多くの黄色い歓声が上がったシーンではないでしょうか?

 

ヤシロ好きだ!俺と付き合って!

 

第二巻の、告白の木の正体を呼び出すために、花子くんが寧々たんに言った名言ですね。

このシーンで、「これは付き合った後の展開の物語をやるのか?//」とか、妄想していましたが、見事に裏切られたシーンでもあります。

悪い意味ではありませんが、花子くんの今までの態度とこのセリフ、そりゃあ勘違いしてしまいますよね!

 

ごめん、泣かせるつもりじゃなかったんだ

 

上記から続く、第二巻の帽子を取った謝罪のシーン。

「泣き止むまでここにいなよ」という花子くん・・・どこでそんな知識付けてきたの???経験者??って言いたくなるほど、ナチュラルに決めてくれますよね。

しかもこの謝罪している時の花子くんの表情、最高の食い物です( ゚Д゚)

 

消滅なんてタダの救いだ、俺にはまだ・・・ここでやらなきゃならないことがある!!

 

第二巻で、花子くんが源輝に消滅させられそうになった時に、言った名言ですね。

死ぬことを恐れてあがいているわけではなく、自分の意思と行動に責任を持っていた花子くんの言葉に、じんわりときました。

手に汗を握る言葉に、涙しそうになりました・・・第二巻で主人公が消えると言う展開になるかと思って焦りましたわ・・・。

 

誰も許さなくたって理由なんかなくたって俺が許すから

 

第三巻の16時の書庫で見た花子くんの過去、花子くんの生前の時の名前、あまねくんが言ったセリフです。

ケガの治療をしていた土籠が、「一体どんな理由で、こんな風に人を傷つけて許されるって・・・」と言った時に、あまねくんが言った言葉ですね。

傷だらけになった花子くん、この伏線はまだ回収されていませんが、私の予想だと、“つかさくんが関係しているんじゃないか”と思っています。

 

もうどこにも行かないって決めたから

 

上記に続いたこの名言。小さい頃からの夢だった宇宙飛行士、そして、星好きが高じてこの学園の理科の教師になるはずだった、あまねくん。

この言葉通り、どこにも行かず七不思議になり、16時の書庫の本に書いてあった未来を、唯一変えた少年。

良い所で話をやめる土籠先生・・・なんで花子くんはこのセリフはなんで言ったの!?教えて~!!!( ;∀;)

 

ヤシロは俺のことが好きなんだから

 

第四巻で、ヤシロが魚たちに誘拐されそうになった時、花子くんが助けに来たときの名言ですね。

意識していた相手にこんなこと言われちゃったら、どう思います!?それまでギクシャクしていた気持ちとか、ぶっ飛んじゃいますよね!

そしてこの名言の後、魚たちを追い返す時に言った「お刺身にしちゃうよ?」って言った時に見せた絵・・・花子くんの絵のセンスに何故誰も突っ込まない・・・( ゚Д゚)!?

 

俺女の子に好きって言われたの初めて、嬉しかった

 

第四巻で、花子くんがもぞもぞしながら、ドーナツの謝罪と言いそびれた言葉を、寧々たんに言った時のセリフですね。

耳元でささやかれるこの言葉は、ハイ、犯罪です。

しかも、「俺もだよ」とかじゃなくて、「嬉しかった」というこのセリフ、じらされるこの感じ・・・自分の中の何かがあふれ出しそうじゃないですか?( ゚Д゚)

 

俺のこと・・・本当に知りたい?知りたいんならいつか全部教えてあげるよ、それまでは俺の助手でいてね

 

上記に続く名言で、寧々たんとの関係が最初の頃より、グッと進展した様子のセリフですよね!

花子くんが小指を出して、この名言を言った時の表情が、優しさの中に儚さを感じました。

 

「それまでは」と言っていましたが、花子くんの事を全部知った後の”それ以降は?”と、疑問に残りました。

嬉しい反面、意味深な言葉でもあるため、切なさも感じる名言ですね。

 

ダメだよ、カンタンにこんなことしたら女のコなんだから気を付けなきゃ

 

第六巻の、花子くんを元気づけるために、”元気の出るオマジナイ”をしたときに、花子くんが、顎クイをしながら言ったセリフですね。

ほっぺにキスをされたときの花子くんの表情、そして、セクシーに対応するこの名言。

言葉に表現できないほど、ときめきとニヤニヤが止まらない名言でしたね!

 

ヤシロが急に鏡に吸い込まれちゃって俺だって寂しかったのになー、ヤシロは寂しくなかったの?シンパイもしてたのに

 

第八巻で、寧々たんが授業受けている時に、花子くんの甘えん坊モード発動後、拗ねた顔して言った名言ですね。

おいおいおいおいおい( ゚Д゚)どんだけ罪な顔すんねん!!!!

そして、超分かりやすい嫉妬の後、寧々たんの髪を”昇天ダイコン盛り”にして、笑いを生み出すとか・・・やる事が可愛すぎて、食べちゃいたい(´Ч`)ジュルリ

 

おねーさんちょっとだけおれのタイプかも、だからあげる!

 

第八巻で、ミサキ階段で、お祭りに参加したときに牛に引かれ、過去に飛ばされた寧々たんが、幼少期のあまねくんに言われた名言ですね。

幼少期から、こんなセリフをナチュラルに言ってきたのか( ゚Д゚)と、突っ込みたくなりました、突っ込みませんがね。

このセリフを聞くと、「花子くんって最初から寧々たんの事が・・・」って思っちゃいました(´ー`)んふふ

 

二人が過去に何かあったんじゃないかって、妄想しちゃうシーンですよね!

 

俺のことキライじゃないなら行かない?今度の日曜日

 

第九巻で、七不思議の四番が書いた世界(絵空事)で、花子くんが寧々たんをデートに誘った時のセリフですね。

寧々たんが、「もしかしてデートしようって・・・」という返しに、照れながら「言ってるよ?」と言った花子くんの表情。

両想いで付き合う前の楽しい雰囲気、ああ、こんな人が現実にいないかしら・・・♡(現実逃避)

 

俺はヤシロに生きていて欲しい

 

第十二巻で、花子くんが寧々たんにどういて欲しいか、と言ったときの名言ですね。

花子くんは死者だし、今更誰が死のうがどうだってよかったはずなのに、寧々たんに生きていて欲しいと言ったこのシーンは、感動しましたね。

そして、やっと花子くんの本音が聞けた名言でもあります。

 

花子くんは今まで、寧々たんとの距離を空けたり、近付いてみたりと、七不思議のトイレの花子さんとして、接していた気がしますが、

この名言で、柚木普としての、本当の気持ちを聞けましたね!

こんなところまで焦らしちゃうなんて・・・もう(´ω`//)

 

90年後まで生きていたいだっけ?随分ワガママだけど・・・いいよ叶えてあげる、俺は生者の願いを叶える怪異だからね

 

第十二巻の絵空事編で、寧々たんが「花子さん花子さん・・・私のお願い叶えてくれますか?」と言った時に、返した名言ですね!

答え方がかっこよすぎる!!!そして、「俺は生者の願いを叶える怪異だからね」と言った時の表情が生き生きしてて、超かわいい!!!!!

花子くんがになってしまったので、クールな表情(クールな表情もグット)ばかりでしたが、やっぱり生き生きしている方が、花子くんらしいかなって思います。

 

【地縛少年花子くん】花子くんの名言まとめ

花子くんのエロかっこいい名言めっちゃ多いですよね!!

見た目は子供なのに、やっていることが大人、そしてテクニシャン♡

女のコを虜にしてしまう言葉が多過ぎます( ゚Д゚)!!幼少期から現在まで、花子くんの魅力はとまりませんね!

 

花子くんの名言を集める時に、一から読み直したのですが、何度読んでも面白いし、ときめきますね(*‘∀‘)

そして、読み直すことによって考察なんかもできたり(=゚ω゚)ノ

みなさんもぜひ、花子くんを読み直してみてくださいませ!新たな発見があるかも??

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

Twitterインスタ

アニメ、美容、流行などについてつぶやいているので、良かったらフォローしてくださいね♪

 

ポチっとしていただけると泣いて喜びます( ;∀;)

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です